《コードアンチ カブレラ》

カード名コードアンチ カブレラ[コードアンチカブレラ]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル2パワー5000限定条件ウムル限定
【常】:あなたのトラッシュに<古代兵器>のシグニが3枚以上あるかぎり、このシグニのパワーは8000になる。

 ブラックウィルで登場したレベル2・精械古代兵器シグニ

 古代兵器に並べる事で同様のパワーを発揮する《コードアンチ モア》に比べるとレベル2をグロウした直後で能力を発揮するには手間がかかる。
 とはいえ、《グレイブ・ナイト》を使っていれば3枚、その内の1枚を《コードアンチ テキサハンマ》に割いたとしても2枚はトラッシュにあるはずであり、【ウムル】においても十分採用できるアーツなので意外に達成しやすい発動条件ではある。
 《グレイブ・ペイン》《コードアンチ ヴォイニ》等を使えば不確実ではあるが十分条件達成を見込める。

 ただ【ウムル】はそもそもバトルでアドバンテージをとるデッキではなく、パワーが高いだけであるこのカードを採用できるかは少々考えなければならない。
 しかし序盤低くなりがちなパワーを補う用途としては《コードアンチ モア》同様の価値があると言えよう。

  • カブレラ・ストーンは1961年にペルーのイカ川が氾濫した際に、川底から発見されたと言われている太古(一説には1万年以上も昔)の絵画が刻まれた石の総称。
    名前の由来は石の発見者とされているハビエル・カブレラから採ったもので、同時期に共存していなかったはずの恐竜と人間が格闘しているように見える絵が彫られたものが有名である。これまでに1万点以上の彫刻石が発見されているが、中には20世紀以降に彫られたばかりの偽物も混ざっているらしい。

関連カード

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-26 (水) 17:14:22 (1308d)