《コードアンチ カイヅカ》

カード名コードアンチ カイヅカ[コードアンチカイヅカ]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル3パワー7000限定条件-
【自】:あなたのトラッシュからシグニ1体が場に出たとき、このシグニをトラッシュから場に出してもよい。そうした場合、ターン終了時に、またはこのシグニが場から離れる場合に、このシグニをゲームから除外する。
【出】:このシグニがトラッシュから場に出たとき、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを−5000する。(パワーが0以下のシグニはバニッシュされる)

 セレクターズパック Vol.11で登場したレベル3・精械古代兵器シグニ

 実質1枚につき1回限定だが、ノーコストトラッシュから展開できる。
 出現時能力パワーマイナスにもコストが無いため、相手のアタックの抑止手段として極めて優秀。
 また出現時能力はこのシグニ自身の能力以外でに出た際にも使えるため汎用性が高い。

 トラッシュからの展開に長ける【ウムル】パワーマイナスが得意な黒軸の【イオナ】エナを節約しつつを埋める手段として便利に使えるが、常時能力は使用回数が限られているためここぞという時にのみ使用したい。

 自身の常時能力に出た場合の処理について以下に記載する。
 自身の常時能力に出た場合、「他の領域に移動する」ことを「自身を除外する」ことに置き換えることになる。
 「○○する。そうした場合、××する〜」というカード効果は○○することが他の行為に置き換えられていた場合でも発動するため、例えば《アーク・オーラ》の「(略)あなたのシグニ1体をトラッシュに置いてもよい。そうした場合〜」という効果でこのシグニを対象にした場合でもルリグアップできる。
 また、出現条件、コストについて実行した行動が置き換え効果によって別の行動になったとしても、それは実行されたものとして扱われる。そのため、レゾナ出現条件のためにトラッシュに置いたとしてもそのレゾナは出現し、例えば《コードアンチ メガトロン》起動能力コストにしたとしても能力は通常通り使用できる。
 一方、《ロスト・テクノロジー》の「あなたの全てのシグニトラッシュに置いてもよい。この方法で3体の古代兵器シグニトラッシュに置かれた場合〜」という効果でこのシグニを含む3体を対象にすると、このシグニは実際にはトラッシュに置かれないため、続きの効果対戦相手ライフクロスクラッシュすることはできない。
 効果等の発動有無に関わらず場から離れたため、いずれの場合も《コードアンチ カイヅカ》はゲームから除外されるので注意が必要である。

  • 貝塚は、縄文時代の集落で住民が食事の後に貝殻や魚の骨を廃棄していた遺構のこと。通説では「古代のゴミ捨て場」とされてきたが、人骨が発見された例もあることから「死者および食料とした魚介類や動物を供養する場所」との新説が提示されている。
    有名なものに東京都品川区と大田区にまたがる大森貝塚や千葉市の加曽利貝塚がある。 

収録パック等

FAQ

Q:常時能力の「そうした場合〜」は具体的にどういう意味ですか?
A:ターン終了時にこのシグニが場にある場合ゲームから除外されます。また、そのターン終了時より前に効果やコスト、ルールによってこのシグニが場から離れる場合にも本来の移動先(手札やエナゾーンなど)には移動せず、ゲームから除外されます。

Q:出現時能力は強制ですか?
A:はい、コストの無い出現時能力ですので、強制的にトリガーし、発動します。対戦相手の場にシグニがある場合、その中の1体を選んで-5000しなければなりません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-21 (土) 07:32:59 (390d)