《コードアンチ アステカ》

カード名コードアンチ アステカ[コードアンチアステカ]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル2パワー3000限定条件-
【出】:あなたのトラッシュからレベル1の<古代兵器>のシグニ1枚を場に出す。ターン終了時に、そのシグニを場からトラッシュに置く。

 スプレッドセレクターで登場したレベル2・精械古代兵器シグニ

 ターン終了時までとは言えコスト無しでシグニトラッシュから出すことができ、シグニコストにするカードと相性がいい。
 《コードアンチ メガトロン》《デス・コロッサオ》《ロスト・テクノロジー》などとは特に相性が良く、これらとのコンボを積極的に狙っていきたい。

 また、対戦相手アタックフェイズ《アンシエント・サプライズ》で出し、出現時能力を使えば2体のシグニアタックを防ぐ壁になる。
 この時、このカード出現時能力に出したシグニは放っておけばターン終了時にはトラッシュに置かれるため、基本的には対戦相手はそのシグニバニッシュしてエナゾーン送りにしない方が良い。
 しかし、イオナの持つ「対戦相手アタックを強いる常時能力」ならばこのカードで出したシグニアタックされ、エナゾーンカード1枚分アドバンテージとなりうる。

  • カードの元ネタは恐らく太陽の石「アステカカレンダー」。トゲトゲのカチューシャにその意匠が見れる。
    ちなみにアステカとは現在のメキシコシティ(旧名・テノチティトラン)一帯で15世紀に繁栄し、凄惨な生贄の儀式が行われていたことで有名なアステカ文明の事。
    テノチティトランがスペインに征服されて壊滅した跡地にメキシコシティが築かれたため、かつての中央神殿だったテンプロ・マヨール遺跡は市街地の真ん中で発見されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《コードアンチ アステカ》の出現時能力によってに出たシグニがバトルでバニッシュされました。
  この場合、バニッシュされたシグニはターン終了時にトラッシュに置かれますか?
A:《コードアンチ アステカ》の出現時能力によってに出たシグニバニッシュ等によって領域を移動した場合、 それらのシグニは《コードアンチ アステカ》によってに出たという情報は失われます。
  よって、ターン終了時に改めてに出してトラッシュに置かれることもありません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-28 (木) 20:34:35 (147d)