《コードアンシエンツ ヘルボロス》

カード名コードアンシエンツ ヘルボロス[コードアンシエンツヘルボロス]
カードタイプシグニクラス精械:古代兵器
レベル5パワー15000限定条件-
【常】:対戦相手のトラッシュとルリグトラッシュにあるカードはすべての能力を失い、効果を受けない。
【常】:あなたのトラッシュからシグニ1体が場に出るたび、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを−7000する。
【起】[黒]:あなたのトラッシュからレベル4以下の<古代兵器>のシグニ1枚を場に出す。この能力は使用タイミング【アタックフェイズ】を持つ。
【ライフバースト】:あなたのトラッシュからシグニを2枚まで手札に加える。
繭の部屋同時使用制限カード(2016/08/04適用):《台風一過》

 リプライドセレクターで登場したレベル5・精械古代兵器シグニ

 に維持するだけで相手のトラッシュ及びルリグトラッシュのカードの能力を全て封じられる。

 この能力で妨害できる効果とできない効果は以下の通り。

  • 妨害できるもの
    • トラッシュ等のカードを移動させる効果
    • トラッシュ等のカードの情報や状態を変更する効果
    • トラッシュ等のカードの能力を参照して得る効果
    • トラッシュにあるときに使用・発動できる能力
    • 他の領域からトラッシュ等に移動したとき発動する能力
  • 妨害できないもの
    • トラッシュ等のカードの種類や枚数を参照する効果
    • コストに「自身をトラッシュに置く」ことを含む能力
    • トラッシュのスペル・ルリグトラッシュのアーツを使用する効果

 などが得意とするトラッシュからカードを回収したり、シグニトラッシュから出すギミックを一方的に封じられるため、それらを主軸とするデッキはなんとしてもこのシグニを除去しなくてはならない。
 また、黒が主軸ではなくてもスペルの回収をよく行う【ピルルク】や、《スピリット・サルベージ》によるアーツの回収、【サシェ】《羅星姫 フォウト》によるレゾナの回収といった行為なども封じるため見た目以上に影響範囲は大きい。

 起動能力ではアーツ使用ステップにおいて、エナ1つでレベル4以下の古代兵器に出せる。
 ターン中の回数制限も無いため、コストが続く限りは壁を用意できる。
 トラッシュからシグニが場に出た時常時能力との併用で対戦相手のアタックを徹底して抑止が可能。

 トラッシュの利用を得意とする古代兵器でありながら相手トラッシュへの強力なメタ効果を持つ。
 トラッシュにアクセスするカードを使う場合は相手のこのシグニへの対処手段は用意しておくこと。パワーが高いため、《フォーカラー・マイアズマ》1枚では除去しきれない。

  • フレーバーテキストは『ドラゴンクエスト』シリーズに登場する電撃系の特技「ジゴスパーク」が元ネタか。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「対戦相手のトラッシュとルリグトラッシュにあるカードはすべての能力を失い、効果を受けない」とはどういうことですか?
A:対戦相手のトラッシュとルリグトラッシュにあるカードはすべての能力を失います。これにより、例えば《フラッシュ・バック》のようなルリグトラッシュで発動する常時能力、《コードアンチ ネビュラ》のようなトラッシュで使用する起動能力などは使用できなくなります。また、「効果を受けない」により効果により移動させることができなくなりますので、《永らえし者 タウィル=フィーラ》の起動能力で<天使>をトラッシュからデッキに移動したり、《創世の巫女 マユ》の出現時能力でルリグトラッシュのルリグやアーツを移動することもできなくなります。

Q:《コードアンシエンツ ヘルボロス》が対戦相手の場に出ているときに、こちらの《コードアンチ テキサハンマ》が何らかの効果でデッキからトラッシュに置かれました。《コードアンチ テキサハンマ》を場に出せますか?
A:いいえ、その《コードアンチ テキサハンマ》は場に出せません。《コードアンチ テキサハンマ》はデッキからトラッシュに置かれたときに、トラッシュで常時能力がトリガーしますが、能力の発動前に《コードアンシエンツ ヘルボロス》で能力を失っているため、それは不発となります。 また、「効果を受けない」により自身の効果によってトラッシュから移動することもできません。

Q:対戦相手の場に《コードアンシエンツ ヘルボロス》がある場合、《リバイブ・フレア》の上の効果を使用したらどうなりますか?
A:その場合、「あなたのデッキの上からカードを3枚トラッシュに置く」効果は処理されますが、「あなたのトラッシュからレベル2以下の黒のシグニ1枚を場に出す」効果は、「効果を受けない」により移動させることができないため、実行できません。そこで効果は終了となります。

Q:対戦相手の場に《コードアンシエンツ ヘルボロス》があり、こちらがエクシード能力を使用し《神妙の巫女 タマヨリヒメ》をルリグトラッシュに置いた場合、《神妙の巫女 タマヨリヒメ》の常時能力は発動しますか?
A:いいえ、発動しません。《神妙の巫女 タマヨリヒメ》はエクシードのコストとしてルリグトラッシュに置かれることで能力がトリガーしますが、《コードアンシエンツ ヘルボロス》によりルリグトラッシュで能力を失います。トリガーしていた常時能力は不発となります。

Q:起動能力のコストとしてエナゾーンから支払ったカードを、この能力で場に出せますか?
A:はい、それがレベル4以下の<古代兵器>でしたら可能です。コストを支払ってからトラッシュのシグニを選び、効果を処理するという順番になります。

Q:対戦相手のトラッシュにあるカード名、シグニのクラス、 カードタイプ(スペルかシグニか)は消えますか?
A:いいえ、「能力を失う」という効果は「テキストを消す」という効果であり、テキスト欄のみを失わせます。カード名、カードタイプ、クラス、カードの色、パワー、レベルなど、テキスト欄以外の情報は失わせません。

Q:こちらが《台風一過》を使用し、効果でトラッシュから《コードアンシエンツ ヘルボロス》1体と他2体を出しました。残りの処理や対戦相手の処理はどうなりますか?
A:《台風一過》の効果では、トラッシュから場に出すシグニはそれぞれ同時に場に出ます。お互いのシグニが場に出た時点で《コードアンシエンツ ヘルボロス》の上段常時能力が適用されます。対戦相手のトラッシュにあるカードは効果を受けませんので、《台風一過》の効果により手札やエナゾーンに移動させることができなくなります。《台風一過》の処理後、《コードアンシエンツ ヘルボロス》の下段常時能力が3回トリガーしていますので、-7000を3回発動できます。

Q:《台風一過》を使用し、お互いに《コードアンシエンツ ヘルボロス》を場に出しました。この後の処理はどうなりますか?
A:その場合はお互いの場に《コードアンシエンツ ヘルボロス》が同時に出た後、それぞれの常時能力が適用され、お互いにトラッシュから手札やエナゾーンにカードを移動させることはできずに《台風一過》の効果は終了します。その後、《コードアンシエンツ ヘルボロス》の下段常時能力がそれぞれトリガーしていますが、これはターンプレイヤーから先に発動します。それによって非ターンプレイヤーの《コードアンシエンツ ヘルボロス》がバニッシュされた場合、その《コードアンシエンツ ヘルボロス》のトリガーしていてまだ発動していない能力は不発となります。

Q:《台風一過》を使用し、自分の《コードアンシエンツ ヘルボロス》の前に対戦相手が《コードラビリンス ルーブル》を配置しました。この後の処理はどうなりますか?
A:その場合、お互いのシグニが同時に場に出た時点で《コードアンシエンツ ヘルボロス》は正面の《コードラビリンス ルーブル》により能力を失います。残りの《台風一過》の効果は通常通り処理され、手札やエナゾーンにカードを移動できます。《コードアンシエンツ ヘルボロス》のトリガーしていた下段常時能力は不発となります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-02 (金) 02:50:28 (284d)