《コードアート T・A・P(タパサキ)

カード名コードアート T・A・P[コードアートタパサキ]
カードタイプシグニクラス精械:電機
レベル1パワー2000限定条件-
【常】:対戦相手の手札が0枚であるかぎり、このシグニのパワーは10000になる。
【出】:対戦相手の手札を見る。
【ライフバースト】:対戦相手の手札を見て1枚選び、捨てさせる。

 フォーチュンセレクターで登場したレベル1・精械電機シグニ

 出現時能力対戦相手手札を全て見ることができる。
 《コード ピルルク・Ω》を使った構築ならばこのカードをハンデスのコストにした方が早い場面も考えられる。
 しかしレベル1なので《コードピルルク・E》《ピーピング・アナライズ》使用する前に下見ができる点が非常に強力である。
 仮に手札に無かったとしてもライフバーストで見る可能性がある為、上記の戦術を行うのであればかなり重要なカードであるといえる。
 パワー増加能力も含め終始腐らないシグニだが、逆に対戦相手手札を確認することに意味のあるカードを使わなければ地味である点には注意。
 限定条件は無いため、《轟炎 花代・爾改》などの青以外の能力のサポートとして使うことも可能。

  • アニメ『selector』シリーズで蒼井晶役を演じた赤千夏原案のカード。何故タッパーなのかはよく使われる用語の「タッパー」を参照。
    フレーバーテキストは一連のムーブメントの原点となったTwitterへの写真投稿時のコメントそのままである。
    チョコ争奪戦関東大会において原案を担当した赤千夏がゲストとして登場、イラストのモチーフはタッパー→(生活用品を扱うのは)若妻→裸エプロンという連想からタッパーと裸エプロンであることが語られた。
    勘違いされやすいが「T・A・P」の読み方は「タパサキ」であり「タッパー」ではない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ライフバーストにある「対戦相手手札を見て1枚選び、捨てさせる」とはどういうことですか?
A:ライフバースト発動した場合、対戦相手手札を公開します。あなたはその中からカードを1枚選択します。対戦相手は、その選択されたカード1枚を、トラッシュに置きます。

Q:出現時能力ライフバーストによって見た対戦相手手札を、メモし、以降の対戦中に参照することは可能ですか?
A:はい、公開された対戦相手カードのメモを取ることはルール上は特に問題なく、そのゲーム中のメモをそのゲーム中にかぎり参照することも可能となっております。ただし、メモを取る時間はゲームの制限時間に大きな影響の無い範囲で行う必要があります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-18 (日) 14:44:46 (614d)