《コードアート M・K・E(マイク)

カード名コードアート M・K・E[コードアートマイク]
カードタイプシグニクラス精械:電機
レベル3パワー8000限定条件ピルルク限定
【クロス】《コードアート C・M・C》の右
【出】:あなたのデッキからコストの合計が4以上のスペル1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。
【クロス常】:このシグニが【ヘブン】したとき、あなたの手札から青のスペル1枚を使用してもよい。それを使用するための[青]コストは2減る。この効果は1ターンに一度しか発動しない。
【ライフバースト】:どちらか1つを選ぶ。
①カードを1枚引く。
②【エナチャージ1】

 ディストラクテッドセレクターで登場したレベル3・精械電機ピルルク限定のシグニ

 スペルは基本的にメインフェイズにしか使うことができない。例外として《コード・ピルルク VERMILION》アタックフェイズに使用することが出来るが、このカードはさらに特殊で、ヘブンした時にスペルを使用することが出来る。
 つまり相手のアーツ使用タイミングが終わった後で使用することができるため、スペルの効果が最大限発揮される利点がある。
 分かりやすいのが《アイドル・ディフェンス》と対峙した時である。この《アイドル・ディフェンス》はこちらがアーツスペルを使ってしまうとゼロエナで使用されてしまうが、このカードによりアーツスペルの両方を使いながら、《アイドル・ディフェンス》を5エナで使用することを強制することが出来る。

 スペルに直接、勝利に繋がるような攻撃的なカードは無いが、スペルの効果と連鎖するシグニは多くあるため、それらとうまく組み合わせれば一気に勝利することも可能である。
 コンボが出来ないような状況でも、ヘブンにはスペルのコストを削減する効果もあるので、とりあえず使うだけでも見返りは大きい。
 相手にはヘブンで何が起きるのか予想できないので、このカードクロス状態となるだけで相手はアーツを使用すべきか悩ましくなるだろう。
 出現時能力スペルサーチ出来るのでヘブンしても意味が無いという状況にはなりにくいのも強みと言える。

 ただし【スペルカットイン】は有効なので《ブラッディ・スラッシュ》や、《コードハート M・P・P》等には注意しよう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《コードアート M・K・E》がヘブンしたときの常時能力で手札からスペルを使用した場合、対戦相手はそのスペルに【スペルカットイン】を使用できますか?
A:はい、できます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-06 (水) 02:31:29 (980d)