《コードアート C・V・Y(コンボイ)

カード名コードアート C・V・Y[コードアートコンボイ]
カードタイプシグニクラス精械:電機
レベル2パワー5000限定条件-
【常】:あなたの場にレベル1の<電機>のシグニがあるかぎり、このシグニのパワーは+2000される。
【常】:あなたの場にレベル3の<電機>のシグニがあるかぎり、このシグニのパワーは+3000される。
【常】:あなたの場にレベル4の<電機>のシグニがあるかぎり、このシグニのパワーは+5000される。

 スプレッドセレクターで登場したレベル2・精械電機シグニ

 にいるレベル2以外の各レベル電機シグニの存在によって自身のパワーが増加する。
 このカード自身でシグニゾーンの1枠をとっていることですべての常時能力を有効化することは不可能であるため、最大パワー13000が限界である。
 それでも条件を満たせばレベル2でありながら容易にパワー10000以上になれるため、序盤から終盤まで活躍できるだろう。
 ただしこれらはすべてのシグニ電機である場合の話。
 効果を活かすためには電機をメインとしたデッキにする必要があるが、電機水獣のようにドローが得意ではないため、条件の合うレベル違いのシグニを揃えるのはそう簡単ではない。
 また、最大パワーにならなければ低いパワーを晒すため、できることなら効果量が高い常時能力を有効にするためにレベル3とレベル4のシグニを用意したいが、これによってに出すシグニの選択の幅を狭めているということにもなる。

 常時能力を有効にしても、これらの能力は他のシグニがあってこそのため、返しのターンアーツライフバースト電機シグニバニッシュされる等してから離れてしまうと途端にパワーが下がってしまうことに気を付けたい。

  • タカラトミー(旧タカラ)の変形ロボット玩具・トランスフォーマーとのコラボレーションで、左下にトランスフォーマー30周年記念ロゴが描かれている。
    シグニ自体のモチーフはサイバトロン陣営の総司令官コンボイ(Optimus Prime)だが、背景をよく見ると擬人化されたミニボット隊員のバンブル(Bumblebee)や実際に玩具で発売されていたトレーラーが描かれていたりと芸が細かい。
    余談であるがアニメ『キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎』においてもトランスフォーマーの擬人化は描かれたが、女体化したのはバンブルビーである。
    • フレーバーテキストの元ネタはアニメ『戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー』でコンボイが何度も発する名(?)台詞「私にいい考えがある」である。
      コンボイの「いい考え」には敵対勢力のデストロン側に見破られたり不測の事態に見舞われて当初の思惑通りに行かない不思議なジンクスがあることで有名。
      ただし人材登用での「いい考え」には当たりが多い。効果は自身と同じ電機を対象にしている事から後者の意味合いを暗喩していると言えるだろう。

関連カード

収録パック等

海外版

 権利上の問題からか、カード名およびイラストが総代理店の網絡科技が募集したデザイン案でアンケート上位に入賞した簡体字中文版オリジナルのものに差し替えられている(《コードアンチ メガトロン》も同様)。日本版未登場カードだが、性能は日本版の《コードアート C・V・Y》と全く同じである。

  • カード名の「S・F」はSky Force(空軍)の略で、中国空軍八一飛行表演隊がモチーフになっているらしい。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-13 (月) 12:44:33 (1246d)