《コードアート A・C・G(アーケードカードゲーム)

カード名コードアート A・C・G[コードアートアーケードカードゲーム]
カードタイプシグニクラス精械:電機
レベル4パワー12000限定条件ピルルク限定
【常】:対戦相手は、カードの効果を除き、自分で自分のシグニを場からトラッシュに置くことができない。
【起】[ダウン]:対戦相手のシグニ1体を凍結する。(凍結されたシグニは次のアップフェイズにアップしない)
【ライフバースト】:対戦相手のシグニ1体をダウンし、凍結する。あなたはカードを1枚引く。

 インフェクテッドセレクターで登場したレベル4・精械電機ピルルク限定のシグニ

 対戦相手に対し効果以外で自分のシグニトラッシュ送りにする行為を禁止する常時能力と、自身のダウンコスト対戦相手シグニ1体を凍結させる起動能力を持つ。

 徹底的に凍結の強みを求めたカードで、凍結したシグニエナフェイズエナゾーンに送るかカードの効果以外で退かせなくなる。
 このカード自身も充分なパワー凍結させる起動能力を持っているので、このカード1枚で2枚分のアタック妨害を狙うことができる。

 ただ、上記のとおりエナゾーン送りにする、カードの効果で消費するといった行為までは防げないので、ほぼ高確率でエナフェイズかそういったカードの対象に選ばれるだろう。
 逆にこちらからその対象を強制指名する能力と見れなくもないが、フル活用するのであれば他にも凍結させる手段や《アンチ・スペル》を採用しておきたい。

収録パック等

FAQ

Q:相手の場に《コードアート A・C・G》がいるときこちらが《アーク・オーラ》や《エニグマ・オーラ》を使用して、ルリグのアタック終了時にシグニをトラッシュに置いてアップすることは可能でしょうか?
A:《アーク・オーラ》《エニグマ・オーラ》はどちらもカードの“効果”としてシグニをトラッシュに置きます。よって《コードアート A・C・G》常時能力の制限を受けることはありません。

Q:こちらの場に《コードアート A・C・G》があり、対戦相手の場に《先駆の大天使 アークゲイン》がいる場合、対戦相手はカードの効果以外で自分の<天使>のシグニをトラッシュに置くことができますか?
A:《コードアート A・C・G》常時能力は対戦相手に対する効果であり、メインフェイズにシグニをトラッシュに置く、という行動を制限するものです。この場合、対戦相手は《先駆の大天使 アークゲイン》をカードの効果以外でトラッシュに置くことは出来ません。

Q:《悪魔姫 アンナ・ミラージュ》出現時能力や《ロスト・テクノロジー》でトラッシュに送る場合については、効果によってトラッシュに置いているため、どちらもトラッシュに置く事が可能ですか?
A:はい、質問にある2枚はいずれも効果によってシグニを場からトラッシュに置いているため、《コードアート A・C・G》常時能力の影響を受けません。

Q:《羅石 ターコ》や《幻竜 エキドナ》のような「このシグニを場からトラッシュに置く:〜する」と記載されているように、コストとしてトラッシュに置かれるものは《コードアート A・C・G》がいる場合でも発動可能でしょうか。
A:例に挙げられているシグニの能力については、:で区切られている左側がコスト、右側が効果となります。コストと効果は区別されており、コストによる部分は《コードアート A・C・G》の常時能力の制約を受けます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-18 (金) 05:48:19 (1131d)