《コード・ピルルク APEX(アペクス) KEY(キー)

カード名コード・ピルルク APEX KEY[コードピルルクアペクスキー]
青/黒カードタイプキー
コスト◎(1)・青/黒(1)限定条件-
フォーマットK
【常】:あなたのセンタールリグは以下の能力を得る。
【起】(ターン1)【アタックフェイズ】エクシード2:あなたのトラッシュにあるスペル1枚を対象とし、それをコストを2倍支払って使用する。このターン、それがチェックゾーンから別の領域に移動される場合、代わりにゲームから除外される。』
【自】(ターン1):あなたがスペルを使用したとき、対戦相手のシグニ1体を対象とし、[無]を支払ってもよい。そうした場合、それをバニッシュする。

 オルタナティブで登場した/キー

 かつて環境を席巻した《コード・ピルルク APEX》能力を再現したキー

 エクシード2・使用タイミング【アタックフェイズ】トラッシュからスペル使用でき、スペル使用時の自動能力シグニバニッシュできるという能力を再現しているが、スペル使用コストが2倍になり、スペル使用時にシグニバニッシュするには無色エナ1つのコストを支払うという必要がある。

 重たいスペルを選択すると莫大な量のエナコストを支払うことになるので、構築の際にはエナコスト1以下の軽めのものを多く採用するのが良い。
 キーセレクションでは《光明の流星》《大成の爆火》など【エナチャージ1】モード限定条件を持つコスト0のスペルが使いやすい。
 しかし環境的には軽いコストで複数面の防御に使えるスペルが少ないことから、スペル効果そのものはおまけと捉え、《異体同心 華代》のようなエクシード1で一面防御を行うキーとして捉えたほうが良いだろう。
 使用に際してはトラッシュスペル常備しておくプレイングが重要となるが、トラッシュにあるスペル《セレクト・ハッピー5》《ダウト・クリューソス》除外されると防御としては使えないカードになってしまうため、過信は禁物である。
 オールスター環境であれば本家の《コード・ピルルク APEX》でも度々使われた《FREEZE》が防御手段としては軽く、かつ効果的に使いやすい。
 《アビリティ・マインド》をであれば、トラッシュガードアイコンを持つシグニを回収して防御に繋げることが可能である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:エクシード能力でスペルを使用する際に、《ロック・ユー》などのスペルの使用コストが増える効果があった場合、使用コストはどうなりますか?
A:「コストを2倍支払って使用する」のコストとはカード左上のエナコストですので、追加された分は2倍になりません。よって例えば《ロック・ユー》を使用された後にエクシード能力でコストが《青》×1のスペルを使用する場合、それは《青》×1および《無》×3が追加された合計《青》×2《無》×3の支払いが必要となります。

Q:エクシード能力で、自分のルリグの限定条件に合わないスペルを使用できますか?
A:いいえ、効果によってスペルを使用する場合でも、限定条件に合わないスペルを使用することはできません。

Q:自分が1枚目のスペルを使用したときに自動能力がトリガーしましたが《無》を支払いませんでした。2枚目のスペルを使用したときに《無》を支払って対戦相手のシグニをバニッシュすることはできますか?
A:いいえ、できません。《ターン1回》というのは各ターンに1回だけ使用や発動ができます。この場合、1枚目のスペルを使用したときに自動能力は発動しましたが、コストを支払わなかったので結果的に何も起こらなかったということになります。1枚目のスペル使用時に発動していますので、2枚目以降のスペルの使用時には発動させることができません。

Q:《コード・ピルルク APEX KEY》によるエクシードでトラッシュにある《祝福の五光》を対象としました。対戦相手のコインが4枚の時にこの《祝福の五光》の使用コストはいくつになりますか。
《無×2》です。「コストを2倍支払って使用する」というのはカードに書かれているコストに、さらにコストを追加して使用することを意味します。そのため、エクシードによって支払うコストは《赤》×4《無》×2ですが、《祝福の五光》自身のコスト軽減によって《赤》×4が減りますので、使用コストは《無》×2となります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-02 (土) 11:38:57