《コード・ピルルク APEX(アペクス)

カード名コード・ピルルク APEX[コードピルルクアペクス]
青/黒カードタイプルリグルリグタイプピルルク
レベル5リミット12グロウコスト青(1)・黒(1)
【自】(ターン1):あなたがスペルを使用したとき、対戦相手のシグニ1体を対象とし、それをバニッシュする。
【起】 【メインフェイズ】【アタックフェイズ】エクシード2:あなたのトラッシュから青か黒のスペル1枚を対象とし、それを手札にあるかのように使用する。それの使用コストは[青(1)][黒(1)]減る。このターン、それがチェックゾーンから別の領域に移動される場合、代わりにゲームから除外される。

 サクシードセレクターで登場したレベル5・/ピルルクルリグ

 能力スペルに特化しており、スペル使用時に対戦相手シグニバニッシュする自動能力トラッシュスペル使用する起動能力を持つ。

 起動能力《コード・ピルルク VERMILION》に似たものがあるがトラッシュ利用、使用タイミング【アタックフェイズ】の追加、コスト軽減など使い勝手が恐ろしく向上している。
 従来の《FREEZE》での防御なども無色エナコストで可能となる他、レベル5ということで《リバイブ・フレア》《コードアンシエンツ ヘルボロス》《コードラブハート †M・C・M・R†》を呼び出してそれらの能力と合わせることで【アタックフェイズ】アーツも使わず低コストで簡単に複数のシグニゾーンを開けることがができてしまう。
 一度にルリグスペルシグニの全てでの除去がたったエナコスト1以下で行えて、更にここにアーツまで加わるとなると対戦相手の防げる盤面はかなり限られる。
 またこの能力対戦相手《コードアンシエンツ ヘルボロス》がいても可能なため、《コードアート C・L》などには有効だったトラッシュからの回収封じも通じない。

 ただし、《カース・オブ・スペル》はまさしくこの能力の対策カードと言ってよく、トラッシュスペルが揃った状態で使用されるとそれ以降はバニラ同然の動きしかできなくなってしまう。
 他にも《ブラック・コフィン》《黒幻蟲 オウグソク【HS】》《緑弐ノ遊 アスレ【NORMAL】》などもスペル除外が可能。
 これらのカードがあると思ったらスペルをぎりぎりまで手札エナゾーンに留めておくなどの対策を用意すべきだろう。
 《コードハート M・P・P》を使って避難させておくのも1つの手である。
 また当然のことながらリフレッシュは致命傷となるため《コードラブハート †M・C・M・R†》で回避したり、トラッシュ送りを強いてくるデッキには注意が必要である。

  • “apex”(アペクス)は円錐や三角錐の頂点、転じて絶頂期を表す。その名の通り登場時からLostorage移行まで「ピルルク王朝」と呼ばれるほどに環境をリードし続け、その勢いをアロス・ピルルクに禅譲するまで圧倒的な高採用率を誇ったが2017年4月に繭の部屋で初の三角制限を受け、キーカード2種が同時使用制限カードに指定された。
    その後2018年9月25日発表の繭の部屋同時使用制限カード指定が解除されることが決定し、翌月の2018年10月25日より施行された。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自動能力は、具体的にいつ発動しますか?
A:自動能力はあなたがスペルを使用宣言したことでトリガーし、そのスペルへの【スペルカットイン】やスペル自体の効果の処理が終わった後で発動します。発動したときに、対戦相手のシグニ1体を選び、バニッシュします。

Q:自動能力は、下のエクシード能力など、効果でスペルを使用した場合でも発動しますか?
A:はい、発動します。

Q:エクシード能力を使用した際、相手の場には《コードアンシエンツ ヘルボロス》がありました。自分のトラッシュのスペルを使用できますか?
A:はい、使用できます。《コードアンシエンツ ヘルボロス》によってトラッシュからカードを移動させることは無視されますが、出現時能力によってカードがトラッシュからカードを移動させることは防がれていますが、《コード・ピルルク APEX》の起動能力でトラッシュからカードを移動しているのは「効果」ではありません。起動能力ではスペルを使用しているだけで、カードを移動させているのはスペルを使用する際のルール上の処理だからです。そしてチェックゾーンに移動したカードは能力が戻り、あらためて使用することができます。

Q:エクシード2能力を使用してトラッシュにあるスペルを対象として、それを使用せずにもう一度エクシード2能力で同じスペルを対象としました。コストを《青》×2、《黒》×2減らして使用できますか?
このエクシード能力は、エクシード能力の処理の一部としてスペルを使用し、その使用コストを軽減します。そこでスペルが使用されなかった場合はそれに対する使用コストの軽減も無くなります。結果的に、2回のエクシード能力の使用でのコスト軽減は重複せず、2回目で軽減される使用コストも《青》×1、《黒》×1となります。

Q:《コード・ピルルク APEX》の起動能力によってトラッシュにある《アイス・フィンガー》を使用しました。コストが《青》《黒》《無》ですが、起動能力によってコストは《無》になっていますので、対戦相手はこれを《アンダー・ワン》で打ち消すことができますか?
A:いいえ、打ち消すことはできません。
《コード・ピルルク APEX》の起動能力によってカード左上のコストは変更されておらず、あくまで使用コスト(=支払うコスト)が変更されています。
《アンダー・ワン》によって参照する「コストの合計」とは左上に記載の元々のコストを指していますので、その《アイス・フィンガー》を打ち消すことはできません。

訳注※《コードアート R・G・N》や《コードハート V・A・C》には「使用コスト」という記述はなく、左上のコストそのものを変更していますので違いにご注意ください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-16 (水) 13:33:14