《コード・ピルルク VERMILION(ヴァーミリオン)

カード名コード・ピルルク VERMILION[コードピルルクヴァーミリオン]
青/黒カードタイプルリグルリグタイプピルルク
レベル4リミット11グロウコスト青(1)・黒(1)・無(1)
【常】:あなたがスペル1枚を使用したとき、対戦相手のシグニ1体をダウンし、それを凍結する。この効果は1ターンに一度しか発動しない。
【出】:あなたのデッキからスペル1枚を探して公開し手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。
【起】[無][無]:あなたの手札からコストの合計が2〜4の青または黒のスペル1枚を、そのコストを支払って使用する。この能力は使用タイミング【アタックフェイズ】を持つ。(カードの左上に書かれているコストのみを参照する)

 リプライドセレクターで登場したレベル4・/ピルルクルリグ

【アタックフェイズ】のタイミングでスペル使用できる」という、ルリグとしては従来に無い起動能力が特徴的。
 他にもスペル使用時に対戦相手シグニ1体をダウン凍結する常時能力に出た時にデッキからスペルを一枚呼び出す出現時能力を持っている。

 アタックフェイズ中にスペル使用できるというのは、アーツ以外に対戦相手ターン中に介入できる手段が増えたということであるため、メインデッキに疑似的に防御用アーツを積めるようなものである。
 使用できるのは1ターンに一度ではあるが、スペル使用時に常時能力ターンプレイヤーであるかに関係なく、対戦相手シグニ1体をダウンし、凍結できるので、高頻度で相手の行動を妨害することもできる。
 エクシード3で同じことをする《コード・ピルルク Λ》と比較すると、使い切りではなく何度も使えるという点のみに着目すると、こちらの方が優秀である。
 能力のトリガーであるスペル出現時能力で手札に呼んで来れるため、全ての能力は噛み合っているといえる。

 しかし、起動能力使用できるスペルが「コストの合計が2〜4の青または黒のスペル」に指定されているのがこのカードの難点である。
「スペル軸」の【ピルルク】で利用頻度が高い青のスペルは0〜1コスト帯に集中しており、黒のスペルに関しても有用なものが多いとは言えない。
 スペル使用する際に無色エナを2つ払わなければならないというのもコスト的に重く、試合中に何度も使用することは期待できないだろう。
 またアタックフェイズ中でもスペル使用することに変わりないので、対戦相手使用タイミング【スペルカットイン】を持つ起動能力アーツ使用を許してしまう。高いコストを払って使用したスペルを《ブルー・パニッシュ》などで打ち消されれば目も当てられないので、使用の際は相手のデッキタイプと残りのエナに注意する必要がある。

「コストが2〜4」というのは他のカード効果などによって修正・変更されたものは含まず、カードに書かれた元々の数値を参照するため、何らかの手段でコストを軽減できるスペルを使用するのが望ましい使い方だろう。

 の2色を要求するグロウコストは一見払いにくいように見えるが、無色コストを一つ含んでいるため、きちんと黒エナを一つキープしておけばグロウに困ることはない。むしろピルルクにとって消費しにくいカードを消化するチャンスでもある。

関連カード

またはの合計コスト2〜4のスペル

 ピルルクが使えないものは除外

収録パック等

FAQ

Q:常時能力と使用したスペルの効果はどちらが先ですか?
A:あなたがスペルを使用したら常時能力がトリガーしますが、発動するのはスペルの処理が終わった後となります。

Q:常の能力で、ダウン状態のシグニを凍結できますか?
A:はい、できます。

Q:起動能力の、コストの合計が2〜4のスペルとはどういうことですか?
A:そのスペルの左上に記載されているコストの合計が2〜4のスペルとなります。例えば《TRICK OR TREAT》は青×1、無×1でコストの合計が2ですので、そのコストを支払って使用できます。何らかの効果で使用するためのコストが増減していてもそれは参照せず、スペル本来のコストのみ参照します。
 例1:使用するためのコストが《青×2》まで減った《RECKLESS》などを使用することはできません。
 例2:コストの合計が2の《TORNADO》を選択後、《TORNADO》の効果で青0で使用することはできます。
 例3:《羅原姫 Ne》が対戦相手の場にいる状態でも、コストの合計が4のスペルを起動効果で使用できます。しかし、スペルを使用するために必要なエナは無×1増えて5となります。

Q:起動能力で使用されたスペルに、対戦相手は【スペルカットイン】できますか?
A:はい、スペルが使用されていますので、対戦相手は【スペルカットイン】のアーツや能力を使うこともできます。

Q:起動能力で使用したスペルが、対戦相手の【スペルカットイン】の《ブルー・パニッシュ》により、効果を打ち消されました。その場合、《コード・ピルルク VERMILION》の常時能力は発動しますか?
A:はい、スペルの効果を打ち消された場合でもスペルを使用したことにはなりますので、常時能力がトリガーし、発動します。

Q:対戦相手のルリグが《ミルルン・ティコ》の場合、起動能力を使用することはできますか?
A:無×2を支払って起動能力を使用宣言することはできますが、その後にスペルのコストを支払って使用することはできず、そのまま効果は終了します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-25 (月) 03:45:51 (873d)