《カラーレス サーバンツ》

カード名カラーレス サーバンツ[カラーレスサーバンツ]
カードタイプレゾナクラス精元
レベル3パワー8000限定条件-
【出現条件】【アタックフェイズ】カード名に<サーバント>を含むシグニ2枚をあなたのエナゾーンからトラッシュに置く
【常】:このシグニがバニッシュされる場合、ルリグデッキに戻る代わりにルリグトラッシュに置かれる。
【出】[無]:あなたのトラッシュからカード名に<サーバント>を含むシグニ1枚を手札に加える。

 アンフェインドセレクターで登場したレベル3・無色精元レゾナ
 各種【アタックフェイズ】に出すことができるレゾナの無色もといサーバント版といったところである。

 出現時に回収できるサーバントでルリグアタックを、自身がシグニの攻撃を止めるという動きだけ見ればさながら条件を満たした《ピンチ・ディフェンス》のように扱える。
 しかし、出現条件の「サーバント2枚をエナからトラッシュに」という部分が非常に重い。
 サーバントは基本デッキに入れる目安としておおよそ8枚前後であり、その4分の1をエナに送らなければならない。
 こういったことが起こりうるのは《三剣》などによってエナゾーンにサーバントが行ってしまった、ライフクロスにサーバントが埋まっていたといった場合でなければエナフェイズに置くことになるのが多く考えられる。

 しかしサーバントは基本手札に温存しておきたいカードであるためにこの部分が咬み合わず、そもそも【ユヅキ】との対戦では出せるかどうかも怪しくなる。ルリグとシグニの攻撃を止めるだけというなら、白ならば前述の《ピンチ・ディフェンス》があり、それ以外にも《ゼノ・マルチプル》《フォーカラー・マイアズマ》の存在も向かい風。
 よって居場所としては自然にサーバントの枚数が多くなるデッキかつ、エナの節約が求められるデッキになるだろう。多色気味の構築でエナの安定のためにサーバントを多くしたデッキや、《集結する守護》などを用いるデッキが主な活躍の場になるだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:出現時能力のコストの《無》として支払ったシグニが《サーバント》であれば、そのシグニを手札に加えることはできますか?
A:はい、できます。コストを支払ってからトラッシュにある《サーバント》を選びますので、その時点でトラッシュにあるカードから選ぶことができます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-07 (水) 23:45:12 (351d)