《エルドラ=マーク(ファイブ)

カード名エルドラ=マークV[エルドラマークファイブ]
カードタイプルリグルリグタイプエルドラ
レベル5リミット12グロウコスト青(3)
【グロウ】あなたの場のルリグがカード名に《エルドラ》を含む
【出】:あなたのすべてのライフクロスを見て、その中から好きな枚数をトラッシュに置き、その枚数と同じ枚数のカードをデッキの上からライフクロスに加える。その後、あなたのすべてのライフクロスを見て、好きな順番で並び替える。
【起】 エクシード2:あなたのライフクロス1枚をクラッシュする。そうした場合、手札を1枚ライフクロスに加える。

 ビギニングセレクターで登場したレベル5・エルドラルリグ

 ライフクロスを確認しつつ、その内の任意のカードトラッシュ送りにすることで送った枚数分ライフクロスを補充した後に順番を操作、と徹底したライフクロス操作を行える出現時能力を持つ。
 出現時能力なので1回限りだが、内容全てコントロール出来るのならば十分だろう。

 起動能力ライフクロスを1枚クラッシュしてしまうが、代わりに手札1枚をライフクロスに加えるというもの。
 手札の消耗こそあるが、出現時能力《クロス・ライフ・クロス》で操作したカードライフバーストを即座に発動できる。
 しかも消耗した手札の行き先がライフクロスであるため、連続してライフバーストを狙うことができる。
 《幻水 シィラ》と違いエナゾーンカードが増える点も見逃せない。

 というように実にエルドラらしい1枚なのだが、兼ねてからの問題であったライフクロスが無くなった時点で自身が無力化される欠点が克服されていないのが相変わらず難点である。
 特にレベル5であるこのカードは出るのが遅いため、グロウする頃にはライフクロスに余裕の無い状態も容易に想像できる。
 ここにグロウするまでにライフクロスを守りきる戦略と、これにグロウするタイミングを図る戦術眼が重要となるだろう。

カード名に《エルドラ》を含むレベル4以上のルリグ

収録パック等

FAQ

Q:ライフクロスが0枚の状態で《エルドラ=マーク后佞グロウした場合、出現時能力はどのように処理されますか?
A:この場合、ライフクロスが0枚であるため、出現時能力は結果として何も起こりません。

Q:エクシード能力の処理手順を教えて下さい。
A:下記の通りの手順となります。

  1. 能力起動を宣言、ルリグの下のカード2枚をルリグトラッシュに置く。
  2. ライフクロスクラッシュする。クラッシュされたカードライフバーストの有無に関わらず、先に手札からカードを1枚選び、ライフクロスに加えます。この際、手札が0枚の場合もしくはライフクロスカードを加えたくない場合は、加えないことを選択出来ます。
  3. クラッシュされたカードライフバーストがあった場合、それを解決させる事が出来ます。

Q:《エルドラ=マーク后エクシード能力ライフバーストより先に手札からカードライフクロスに加えるのに対し、《幻水 シィラ》出現時能力では先にライフバーストが解決されるのは何故ですか?
A:原則として、1つの効果の解決中には他の効果(ここではライフバースト)が解決されることはありません。《エルドラ=マーク后佞任蓮ライフクロスクラッシュしてライフクロスを加えるまでが1つの効果なので、ライフバーストの解決より先にライフクロスカードを加えます。
  これに対して、《幻水 シィラ》出現時能力は「クラッシュされたカードは、ライフバーストが解決された後、エナゾーンに置かれる」というルール上の処理を「クラッシュされたカードは、ライフバーストが解決された後、トラッシュに置き、その後ライフクロスに1枚加える」という処理に置き換える能力です。
  あくまでライフバーストが解決された後の処理ですので、こちらはライフバーストが先に解決されます。

Q:エクシード能力は1ターンに複数回使用することが出来るのですか?
A:はい、特に指定が無い場合、エクシード能力を1ターンに複数回使用することは可能です。《エルドラ=マーク后エクシード能力を1ターンに2回使用することも可能です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-24 (土) 09:16:30 (533d)