《アンチ・スペル》

カード名アンチ・スペル[アンチスペル]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト青(1)・無(1)使用タイミング【スペルカットイン】
スペル1つの効果を打ち消す。

 サーブドセレクターで登場したアーツ

 スペル1つの効果を打ち消す効果を持つ。

 単純なアドバンテージの面で言えばスペル1枚に加え、スペル使用コスト分がこちらのアドバンテージということになる
 といっても、こちらもアーツ1枚とエナ1と無色エナ1を支払っているので良くても対等かこちらがディスアドバンテージを負う形になりやすい。

 このカードの本質は「そのスペルによって発生する事態をコストを払うことアーツ1枚で防ぐことができる」点である。
 《修復》《エニグマ・オーラ》で持久戦に持ち込まれる事態を防ぐ、《ゲット・インデックス》などのサーチカードで切り札となるシグニのサーチを止める等々、様々な動きを1回限りだが止めることができる。
 対戦相手手札供給をスペルに頼っていた場合、このカード1枚で暫く動きを封じられる場面も屡々ある。

 しかしこのカードはスペルに対しての対策という珍しさ故に、ルリグシグニアーツといったスペル以外のカードを止められない。
 スペル効果そのものをを打ち消せずとも、他のアーツで対処できる場合も多く存在し、極めて局所的且つ対戦相手に依存しがちなこのカードが使用できない状況もそれなりに多い。
 こういったように依存する訳にもいかないため、《幻水 カレイラ》を併用するか、或いはルリグデッキに余裕のある時に使用することになるだろう。

 また、エナ2つで「コストの合計が5以下のスペル効果を打ち消す」モードを含む4つの効果から2つ(ルリグタイプピルルクの場合は3つ)を選択できる《ブルー・パニッシュ》、0エナコストの合計が1以下のスペル効果を0エナで打ち消すことができて《アンチ・スペル》と同じアンコールコストを追加で支払うことで再使用できる《アンダー・ワン》が存在するため、このカードを採用する意義は薄い。
 しかし、限定条件を持たず、【スペルカットイン】する対象のコストに関係なく効果を打ち消せるアーツの中では最も色指定が緩いため、《集結する守護》などコストの合計が6以上のスペルを無効化したい場合は採用を検討する意義がある。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:“打ち消す”とは何ですか
A:対象となったスペル効果を無効化させることです。《アンチ・スペル》によって打ち消されたスペル効果を発揮することなくトラッシュに置かれます。

Q:スペルライフバースト発動した場合、それを打ち消すことは出来ますか?
A:いいえ、できません。使用タイミング【スペルカットイン】アーツは、対戦相手がスペル使用したときのみ使用できます。スペルライフバースト発動【スペルカットイン】は使用できません。

Q:《幻獣神 オサキ》が居る使用されたスペルを《アンチ・スペル》で打ち消しました。《幻獣神 オサキ》常時能力発動されますか?
A:はい、発動されます。《幻獣神 オサキ》常時能力発動条件は“スペル使用した”なので、打ち消したとしても《幻獣神 オサキ》常時能力発動します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-25 (土) 06:10:37 (661d)