《アンシエント・サプライズ》

カード名アンシエント・サプライズ[アンシエントサプライズ]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト黒(1)・無(2)使用タイミング【メインフェイズ】【アタックフェイズ】
以下の3つから1つを選ぶ。
「すべてのプレイヤーは自分のデッキの上からカードを7枚トラッシュに置く。」
「あなたのトラッシュからレベル3以下の<古代兵器>のシグニ1枚を場に出す。」
「あなたのトラッシュにカードが10枚以上ある場合、ターン終了時まで、対戦相手のすべてのシグニのパワーを−5000する。20枚以上ある場合、代わりに、ターン終了時まで対戦相手のすべてのシグニのパワーを−8000する。」

 カードゲーマー Vol.17で登場したアーツ
 3つのモードから1つを選択する。

 1つ目のモードは、すべてのプレイヤーデッキの上から7枚のカードトラッシュに送るモード
 このカード使用するためのコストも枚数に数えれば、トラッシュを10枚増やせる事となる。
 すべてのプレイヤーデッキを削るので、トラッシュの枚数を増やし、対戦相手デッキリフレッシュによるライフクロストラッシュ送りを狙える。
 対戦相手トラッシュを利用する為にデッキを自分からトラッシュに送って減らしている場合、7枚もトラッシュに送ればリフレッシュに追い込めるケースは多く、トラッシュ利用の対策としての性格も併せ持っている。
 また、アタックフェイズ中に使い《コードアンチ テキサハンマ》《コードアンチ ハンマフェイク》トラッシュに置かれればばアタックを防ぐ壁になり得る。

 2つ目のモードは、トラッシュからレベル3以下の古代兵器シグニ1枚をに出すモード
 単純なシグニ確保を行うだけでなく、【アタックフェイズ】使用すればシグニアタックを妨害できる。
 に出すシグニとして、トラッシュ等から別のシグニを出す出現時能力を持つシグニを選べば、2体、あるいは3体のシグニを場に並べ、より多くのアタックを防ぐ事ができる。
 登場時は限定条件のないアーツの中でも《デッド・スプラッシュ》と並んで、正面にシグニが配置されていない状態から《先駆の大天使 アークゲイン》アタックによるライフクロスクラッシュを防げる数少ないカードであったため、シングル価格が高騰していた。

 3つ目のモードは、トラッシュの枚数に応じた対戦相手シグニすべてのパワーを減少させるモード
 このカード効果の解決時にトラッシュが10〜19枚で−5000、20枚以上あれば−8000のパワーダウンとなる。
 序盤で使用できれば、さしずめエナコストの縛りが緩い小型の《ブラック・デザイア》と言える効果になり得る。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自身のアタックフェイズに《アンシエント・サプライズ》のパワーマイナスの効果を使い、その後対戦相手《ホワイト・ホープ》を使用しました。
  この場合、《ホワイト・ホープ》によってに出たシグニパワーはマイナス修正を受けますか?
A:いいえ、《アンシエント・サプライズ》のマイナス効果を使用してマイナス修正を受けるのは、《アンシエント・サプライズ》の解決時ににあるシグニに対してのみです。
  《ホワイト・ホープ》によってに出るシグニは、《アンシエント・サプライズ》が解決された後にに出るため、《アンシエント・サプライズ》の効果の影響を受けることはありません。

Q:対戦相手シグニゾーン《先駆の大天使 アークゲイン》《虚構の愛情 シエル》2体が存在し、自身のトラッシュが20枚以上の時に《アンシエント・サプライズ》を使用し、対戦相手シグニパワーを−8000するモードを選択しました。
  その後アタックフェイズに入り、バトル《先駆の大天使 アークゲイン》バニッシュした場合、《虚構の愛情 シエル》バニッシュされますか?
A:いいえ、《先駆の大天使 アークゲイン》常時能力により、全ての<天使>のシグニは《アンシエント・サプライズ》の効果を受けません。
  なので、その後のバトル《先駆の大天使 アークゲイン》バニッシュされたとしても、《虚構の愛情 シエル》パワーは8000のままとなります。

Q:相手の場に《虚構の愛情 シエル》《犠牲の微笑 キュアエル》が存在する時にこのカードの3つ目の効果をトラッシュ20枚以上ある状態で発動しました。
 この場合の効果処理の順序はどうなりますか?
A:まず、《虚構の愛情 シエル》パワーが0、《犠牲の微笑 キュアエル》パワーが4000になります。
 《虚構の愛情 シエル》バニッシュされ、《犠牲の微笑 キュアエル》パワーは再計算され、8000のシグニが-8000の修正を受けている状態となり、即座にバニッシュされます。(2014/07/25)

Q:3つ目の効果はそのにいるシグニにしか効果が適用されず、《原槍 エナジェ》の起動効果《着植》ライフバーストは後から出たシグニにも効果が適用されるようですがカードのテキストからはどのように違いを判断すればいいですか?
A:《アンシエント・サプライズ》のように「ターン終了時まで○○する」と書かれた効果は、その時点でにあるシグニに対してのみ効果を及ぼします。
  対して《原槍 エナジェ》は「このターン○○する」と書かれてある場合、そのターン中ににあるシグニ効果の影響を受けます。(2014/07/29)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-08 (水) 01:22:28 (921d)