《アロス(アンド)コードピルルク KEY(キー)

カード名アロス&コードピルルク KEY[アロスアンドコードピルルクキー]
青/緑カードタイプキー
コスト◎(1)限定条件-
フォーマットK
【出】:あなたのデッキからカード1枚を探してエナゾーンに置き、デッキをシャッフルする。
【起】手札を1枚捨てる:次のターンの間、あなたは対戦相手のルリグによってダメージを受けない。
【起】このキーを場からルリグトラッシュに置く:対戦相手のシグニ1体をエナゾーンに置く。このターンと次のターンの間、対戦相手はこの方法でエナゾーンに置いたシグニと同じ名前のシグニを新たに場に出せない。

 コリジョンで登場した/キー

 出現時能力は、デッキから任意のカードエナゾーンを置く能力
 エナゾーンに特定のカードを要求される電機シグニや、を経由せずにトラッシュに落としたい《魔界の末娘 アナスタシア》《MIRACLE》等と相性がいい。
 特にシナジーがなくとも、単純に1エナ追加の能力と見てもありがたい。

 中段の起動能力《アロス・ピルルク TETRA》のようなダメージを受けなくなる能力
 ルリグによるダメージそのものを受けなくなる能力であり、手札1枚を疑似的なガードに変換できる。
 この能力使用ガードステップ以外で手札捨てる行為であるため、《幻竜 アン=ミラ》等の能力トリガーさせられる。
 加えてガードと異なり各種ハンデス《レイラ=デッドエンド》コイン技《炎真爛漫》等のガード封じで妨害されることもなく、《応援の駄姫 グズ子》コイン技《歌舞熱曲》の③のモード等も無力化して実質的に使用不能にできる等、単に任意の手札で疑似的なガードを行う能力には留まらない。
 ただし、《白滅の巫女 タマヨリヒメ》にはコイン技使用で突破されてしまう他、《コードアンチ ラティナ》《乗装 モンケーン》等を実質ノーリスクで利用するといった対応をしてくる可能性があるため、その類のカードの存在、特にレイラには注意しておきたい。

 また、ガード目的でメインデッキに入れるガード能力を持つシグニの枚数を0枚ないし少数にまで減らせるため、その空いたスペースに他のシグニスペルを入れてデッキの戦力の底上げができるという副次的な利点もある。
 ギミックの関係でなるべく純度を高めた構築の方が能力を活かしやすい植物電機シグニはその恩恵を受けやすい。

 自身をコストとした起動能力《コード・ピルルク W》コイン技に近い除去能力
 あちらと違い除外ではなくエナゾーンに送るため、エナコスト等で再利用されるといった可能性がある。
 対戦相手がこちらのアタックフェイズで出してきそうなシグニに対して使えば防御の難化に、打点形成の要となるシグニに対して使えば実質的な防御手段として役立つ。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q: 自分のデッキが残り1枚のときに、このキーを出しました。出現時能力はどうなりますか?
A:コストの無い出現時能力は、強制で発動します。また、デッキなどの非公開領域から条件付きでカードを探す場合は「見つからなかった」として何も探さないことができますが、この能力で探すカードに条件はありませんので、結果的には必ずその1枚をエナゾーンに置きます。その後、デッキがありませんのでリフレッシュを行います。

Q:上の起動能力では、対戦相手のルリグによるライフクロスをクラッシュする効果は防げますか?
A:いいえ、防げません。「ダメージを与える」ことと「ライフクロスをクラッシュする」効果は区別されます。アタックによるダメージや「ダメージを与える」効果は防ぎますが、「ライフクロスをクラッシュする」という効果は防ぎません。

Q:下の起動能力では、「バニッシュされない」を持つシグニをエナゾーンに置けますか?
A:はい、置けます。バニッシュする効果とエナゾーンに置く効果は区別され、エナゾーンに置くという効果は「バニッシュされない」では防げません。

Q:対戦相手の《魔界の末娘 アナスタシア》に対して、下の起動能力を使用しました。どうなりますか?
A:《魔界の末娘 アナスタシア》は常時能力により、エナゾーンに置かれる代わりにゲームから除外されます。起動能力の後半の「この方法でエナゾーンに置いたシグニ」は存在しませんので、その効果は何もしません。対戦相手は別の《魔界の末娘 アナスタシア》を場に出すことができます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-15 (日) 12:53:56