《アイスフレイム・シュート》

カード名アイスフレイム・シュート[アイスフレイムシュート]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト青(2)・赤(1)使用タイミング【アタックフェイズ】
以下の4つから4つまで選ぶ。選んだ数が3つ以上の場合、このアーツを使用するためのコストは、選んだ数から2を引いた数だけ[無(2)]増える。
①対戦相手のルリグ1体をダウンする。
②対戦相手のルリグ1体を凍結する。
③対戦相手のパワー7000以下のシグニ1体をバニッシュする。
④レゾナではない対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。その後、あなたは手札を1枚捨てる。

 アンフェインドセレクターで登場したアーツ

 4つのモードの中から4つまで選んで使用するアーツ
 《フォーカラー・マイアズマ》のように複数のモードを選択できるアーツは今までにもあったが、選んだモードの数に従って使用するためのコストが増えていく珍しい一枚である。
 2つ選んだ場合は通常通り(2)(1)の合計3コスト、3つ選んだ場合は(2)(1)無(2)の合計5コスト、4つ全て選んだ場合は(2)(1)無(4)の合計7コストエナを支払う必要がある。

 ダウン凍結、そして手札を犠牲にしてのバニッシュといった、の得意とする能力を発揮するが、特に注目すべきは1番目の「ルリグダウンする能力」と2番目の「ルリグ凍結する能力」だろう。
 の縛りが若干厳しいとはいえ、相手ルリグダウンし、なおかつ凍結できるアーツ《ジャイアント・キリング》を除き他に無く、非常に強力である。
 特に《エニグマ・オーラ》ライフクロスを補充するウリス《アーク・オーラ》をフィニッシャーに据えたタマにとって、2ターン分のルリグアタックを封じられるのは致命的な痛手であり、相手の戦略を大きく崩すことを期待できる。
 もちろん、単純に手札ガードシグニを持っていない緊急事態を打開するためにも有用である。

 3つ目、4つ目のバニッシュ効果も青のアーツで貴重な除去であり、さらに効果を複数選択した場合、シグニアタックを最高2回分止められるのは強力である。
 強いて言えば、《白羅星 サタン》《黒幻蟲 アラクネ・パイダ》など、何としても除去したいパワー15000以上の大型レゾナが完全に射程外なのが難点だろうか。
 4つ目の手札を捨てる効果も《幻蟲 §アメンボ§》《大幻蟲 §オタガメ§》《FLASH》などを捨てれば更なる防御が期待でき、コンボ性も高いモードである。

 総じてコストを状況に応じて使い分けられる柔軟性と汎用性を備えており、登場以来、数多くの青デッキに採用されている。赤エナの補填も青のハンデスと相性が良く、序盤に点が多く取れない欠点を解消した《羅星姫 ≡コスモウス≡》が存在しているため、無理なくデッキ構築ができることも大きいだろう。

  • 使用コストに(+無色)のみを同時に要求する初のアーツ
  • 4つ目のモードの手札を捨てる処理はコストではなく効果なので、手札が一枚もない場合でも問題なくバニッシュが可能。
  • 後にレトリック《ジャイアント・キリング》が登場。様々な点で差異はあるが、こちらは要求コストが青のみであることからメインデッキが青のみでも無理なく採用出来る。
  • アニメでは『infected』第3話で対戦したきりで、特段の縁がある訳でもないピルルク花代が共闘する珍しい構図のカードである。

収録パック等

FAQ

Q:1つ、2つ、3つ、4つそれぞれ選んだ場合の使用するためのコストを教えてください。
A:1つまたは2つ選んだ場合は使用するためのコストは増えず《青×2》《赤×1》となります。
 3つ選んだ場合は《無×2》増え、《青×2》《赤×1》《無×2》となります。
 4つ選んだ場合は《無×4》増え、《青×2》《赤×1》《無×4》となります。

Q:同じモードを2回以上選べますか?
A:できません。複数のモードを選択する場合、別々のモードを選択する必要があります。

Q:③と④を選んだ場合、④をしてから③をできますか?
A:いいえ、効果は上から順番に処理しますので、③を処理してから④を処理します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-08 (金) 13:28:21 (31d)