《アーク・ディストラクト》

カード名アーク・ディストラクト[アークディストラクト]
カードタイプアーツ限定条件-
コスト白(1)・無(2)使用タイミング【メインフェイズ】
このカードはあなたのルリグがレベル4以下の場合にしか使用できない。

ターン終了時まで、あなたのルリグは「このルリグがアタックしたとき、このターンに《アーク・ディストラクト》以外のアーツを使用していない場合、このルリグの下からカードを2枚ルリグトラッシュに置いてもよい。そうした場合、このルリグをアップする。」を得る。

 劇場版selector destructed WIXOSS前売券付属特典(第1弾)で登場したアーツ

 《アーク・オーラ》の亜種ともいえるルリグアップ能力を与える効果で、こちらが与える能力ではルリグの下に重ねたカードルリグトラッシュに置くことでアップする。
 消費自体は全体的に《アーク・オーラ》に比べて軽いのだが、このカード自体の使用コストとは別に、レベル4以下のルリグの下のカード2枚をトラッシュ送りにすることでアップする都合を考えると基本的には1枚使うのが限度であり、その都合上《バロック・ディフェンス》等で止められた場合2度目のアップは期待できないリスクを抱えている。
 確実に使うのなら《スピリット・サルベージ》使用するデッキに使うのが得策だろう。

 また、アーツを多く使用せずにルリグトラッシュを2枚以上肥やすことができるため、《手弾 アヤボン》とも相性はいい。惜しむらくは《手弾 アヤボン》を利用する前にこのカードでゲームエンドになる可能性が高いこと。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ルリグの下に置かれたカード2枚をルリグトラッシュに置いた上でルリグがアタックを行った際、ライフクロスから《コードラブハート C・M・R》や《アーク・オーラ》が捲れ、ルリグがダウン状態となりました。この場合、ダウン状態となったルリグは追加のアタックを行うことはできますか?
A:いいえ、ライフバーストによってダウン状態となったルリグは、ダウン状態であるため、アタック宣言を行うこと自体ができません。結果として、それ以上の追加の攻撃を行う事はできません。

Q:自分が《アーク・ディストラクト》を使ったターンのアタックフェイズに、相手がアーツを使ったら追加のアタックはできなくなりますか?
A:いいえ、《アーク・ディストラクト》を使用したプレイヤーが他にアーツを使用したかどうかのみを確認します。対戦相手が使用したアーツは数えません。そのため、対戦相手がアーツを使用したとしても、《アーク・ディストラクト》の効果は不発になりません。

Q:構築済みデッキのルールシートのターン進行の説明では、ルリグアタックステップ→ガードステップとなっていて、ガードステップからルリグアタックステップに矢印が伸びていないので《アーク・ディストラクト》でルリグをアップしてもアタックできないのではないですか?
A:構築済みデッキのルールシートのターン進行例では、起こりにくい例であり誤解を生む可能性があるために省略されていますが、ルリグもシグニと同じように、ガードステップ後にアップ状態のアタックできるルリグが残っている場合はルリグアタックステップに戻りアタックを行うことができます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-21 (火) 23:02:52 (577d)