PICK(ピック) UP(アップ)

カード名PICK UP[ピックアップ]
カードタイプスペル
コスト青(1)・無(1)限定条件ピルルク限定
あなたと対戦相手は手札をすべて捨て、これにより捨てられたカードの枚数のうち最も大きい数に等しい枚数のカードを引く。

 スプレッドセレクターで登場したピルルク限定のスペル

 対戦相手にもカードを引かせてしまうことになるが、手札を大量に増やしてからこのカードを使うことで対戦相手に大量のドローを強制させデッキを減らすことができ、《コードハート V・A・C》エナコストを軽減しつつトラッシュから再利用すれば高確率で対戦相手リフレッシュを行わせライフクロスを1枚トラッシュ送りに出来る。

 それ以外では対戦相手手札の方が多い時に使用して手札の補充目的、もしくはハンデス目的で使うことになるが、そもそもピルルクの属するドローハンデスを得意としており、対戦相手デッキの中心となる以外ならそれほど活躍の機会は多くはない。
 しかし、対戦相手《コード ピルルク・Ω》で先にハンデスをされてしまったときなどには逆転の切っ掛けとなり得る。
 【ピルルク】ハンデスはこちらは大量のドローを行い、対戦相手手札は0枚にするというスタイルなので、上手くこのカードを手元に持って来られれば同数の手札を新たに得られる。

  • 発売前からループ形成に使われる可能性の指摘が相次ぎ、対応策としてリフレッシュルールの再改定実施が2014年8月27日に発表された(9月1日から適用)。カード自体の制限ルール適用(後の繭の部屋行き)はまぬがれている。
  • 『マジック:ザ・ギャザリング』(MTG)にはこのカードと全く同じ効果の《意外な授かり物/Windfall》というカードが存在しているが、ゲームバランスの著しい崩壊を招くおそれがあるとして登場から間もなく禁止カード扱いとなり、現在も多くのフォーマットで禁止指定を受けている。
    コストも近いため、このカードは《意外な授かり物》を参考に作られたのだろう。
     MTGとはルールが大幅に異なるため、限定条件もあるこのカードが本家のように大暴れすることはないと考えられたのかもしれないが、結果的には上記のように全く違うところから問題が発生してしまった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:カードを引くのは《PICK UP》を使った自分だけですか?
A:いいえ、カードを引くのは自分と対戦相手の両方です。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-28 (水) 20:03:35 (663d)