ルリグタイプの一つ、もしくは「どのルリグタイプでもない」ルリグタイプ無色、厳密には「どのにも属さない」。
 ルリグタイプとしての初出時は便宜的にハナレと合わせて「ディストラクテッド組」とされる場合があったが、Lostorageシリーズでは後述のように「始まりのルリグ」もこのルリグタイプを共有しているため厳密なグループ分けは困難になっている。

 《紡ぐ者》タロットの外見は明らかに『selector』シリーズで「白窓の部屋」にゲームマスターとして君臨すると思われるが、何故かTCGにおいてはこのルリグタイプを持つキャラクターが「繭」であるとは言明されていない。これは何を意味するのだろう?
 ディサイデッドセレクターでは『Lostorage』シリーズの「始まりのルリグ」がレベル0で登場した。selectorLostorageの2シリーズを横断するルリグタイプは<?>とピルルクの2種類だけである。そのため、2017年のチームバトルではレベル0がエントリー禁止指定を受けた(《紡ぐ者》は使用可)。
 2017年7月に開催されたキャラカードくじ「selector & Lostorage」のカードプロテクト《紡ぐ者》SELECTOR SELECTION再録版で両者が描かれていることから、何らかの関連性の存在が示唆されている。

 現在のカードプールでルリグタイプ<?>を持つカードは4枚あり、うちシークレット扱いのタロットアナザーカード扱いのルリグ人狼及びカレンダーの3枚のレベル0は公式サイトのカード検索からは秘匿された状態になっているが、アナザーカード2枚についてはアナザーカードリストでカードの存在自体は公開されている。
 《紡ぐ者》はカードリストには載っているが、検索用のルリグタイプ一覧に<?>は登録されていない。リストに非掲載のカードをウィクロス図鑑で表示させる場合は、スタートパック及びデータパックVol.2・3の追加購入が必要。

関連カード

 いずれも無色のカード。

ルリグ

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-10 (火) 22:14:35 (377d)